単元とは

単元とは

株式を購入する際のまとまった株式口数

単元とは株式を購入する際のまとまった株式口数の事を指します。

 

企業に依っては1株や10株、100株、1000株のまとまった口数でのみ購入する事が可能です。

 

その為、株価×まとまった株式口数で必要な最低購入資金が決まります。

 

数万から何百万単位になる場合が有ります。

 

IPO(新規公開株)にも同じことが言えます。

 

通常は抽選で当選すると1株が配分されます。

 

配分された株数と売出し価格を掛けて必要な最低購入資金が決まります。

 

この最低購入資金は現金で保有して置く必要が有ります。

 

また、IPO(新規公開株)の申込み期間中は資金が拘束され使う事が出来ません。

 

IPO(新規公開株)の単元は1株が多い為、知り合いや他のメンバーでシェアして申込み当選確率を上げる方法等が存在します。

 

最近ではネット証券会社が気軽に利用できる為、この1株の抽選当選を狙って複数口座を所有している方も多いです。

 

一つの証券会社では中々当選する事は出来ません。

 

複数所有する口座から同時にIPO(新規公開株)のお申し込みを行い当選確率を上げる事が可能です。

 

この場合も必要最低購入資金は証券口座に入っていなければなりません。

 

また、運が良く複数の証券口座で同時に当選した場合は単元が複数になる為、その分利益が多くなる場合が有ります。

 

株式市場で株式を購入する際は企業が提示してある単元の口数の株を購入する必要が有ります。

 

この場合は株価が上がるか下がるか分からないため注意して購入する必要が有ります。

 

IPO(新規公開株)は初値が高騰するのを見込んで購入するために比較的、単元の設定が少ないです。

 

また、IPO(新規公開株)の発行枚数が少なく、投資家たちに配分が間に合わない状態です。

 

その為、抽選を行い当選した方は設定された単元のみ配分される仕組みになっております。

 

 


ホーム サイトマップ