IPO(新規公開株)の主幹事

IPO(新規公開株)の主幹事

主幹事は主に大手証券会社

IPO(新規公開株)の主幹事は主に大手証券会社になります。

 

企業や会社が新規に株式市場に上場する場合は証券会社が軸となり株券を扱うようになります。

 

また、大手ネット証券会社が主幹事としている場合が有ります。

 

この大手証券会社が主幹事を務めるIPO(新規公開株)は中々一般の投資家は抽選に当選することはありません。

 

自分が保有するステータス内で抽選枠が割与えられますが当選する事は難しいです。

 

通常、大手証券会社は資産家や大物取引を行う投資家にこれらIPO(新規公開株)の配分を行います。

 

この方法を裁量配分と呼び、証券会社は資産家や大物投資家との良い関係を築く為に優先的に行われます。

 

一般投資家は大手ネット証券会社を通じ公平にIPO(新規公開株)の購入を行う事が可能に成りました。

 

このように一般投資家が公平にIPO(新規公開株)を購入出来る方法を完全抽選方法と呼びます。

 

この方法は大手ネット証券会社が主幹事になっているIPO(新規公開株)や割り当てが多い場合のみ行う事が出来ます。

 

この完全抽選方法は一般投資家が唯一IPO(新規購入株)を購入可能にする方法です。

 

このIPO(新規公開株)は比較的簡単に利益を出すことが可能な為、人気がある金融商品となっております。

 

企業や会社が提示する公募価格に対して初値が高くなる確率が高い為です。

 

IPO(新規公開株)を目的とした株取引を行う際は大手ネット証券会社の口座開設が重要です。

 

また、大手ネット証券でIPO(新規公開株)を扱っていない場合がある為にIPO(新規公開株)を多く扱う証券会社の口座開設も重要になります。

 

IPO(新規公開株)の主幹事は大手証券会社と大手ネット証券会社の二通りのパターンの抽選方法が存在しており、比較的大手ネット証券会社の方は当選確率が高く設定されております。

 


ホーム サイトマップ