新規公開株式

新規公開株式

新たに証券取引所に上場する事

新規公開株式とは企業や会社が新たに証券取引所に上場する事を指します。

 

新規公開株は投資家に取って新たな投資先となり注目を集めやすい株式となります。

 

新規公開株は比較的、高い確率で利益が出しやすい株取引になります。

 

その為、新規公開株の公募募集が始まると1ヶ月以上前から情報収集やデータの分析が行われます。

 

また、投資家の申し込みが殺到する為に必ず抽選が行われます。

 

この新規公開株の抽選で当選しなければ購入する事は出来ません。

 

この新規公開株の購入お申し込みはブックビルディング期間中から始まります。

 

このブックビルディング期間に企業の目論見書等を参考に意思決定を行います。

 

このお申し込み期間から購入に必要な資金は拘束されます。

 

また、新規公開株の購入に必要な資金は現金のみになります。

 

ご本人の証券口座に資産が有っても現金化しないと新規公開株のお申し込みを行う事が出来ません。

 

このブックビルディング期間が完了すると新規公開株の購入権の抽選が行われます。

 

この抽選で当選が決定すると始めて新規公開株の配分が行われ購入する事が可能になります。

 

また、キャンセルや補欠が出た時は繰り上げ当選がありますのでご確認が必要になります。

 

新規公開株が株式市場に始めて上場する時は初値が付きかなりの高い確率で利益が出ます。

 

この時の投資家は成り行き注文を出し売りに入ります。

 

投資家に依っては様々な注文を出す場合が有ります。

 

これらの新規公開株の売買取引はタイムリーに株価が変動する為、株式市場の流れが荒くなります。

 

この新規公開株の初日に付ける初値は売出し価格の何倍にもなる為、とても人気がある売買取引市場になります。

 

新規公開株は毎年数十件以上存在して、その中の数件は企業や会社が望む公募価格に達せず価格割れが起きます。

 

 


ホーム サイトマップ