IPO(新規公開株)の資金

IPO(新規公開株)の資金

十分な資金を用意して置く必要が

IPO(新規公開株)の資金は拘束されます。

 

購入申し込みを行う際はブックビルディング期間と抽選日、購入期間中は資金を動かす事が出来ません。

 

その為に余裕な資金を用意して置く必要が有ります。

 

他の金融商品などの資金をIPO(新規公開株)に充てる事は出来ません。

 

必ず現金化された資金のみで申込みする事が求められます。

 

IPO(新規公開株)は一ヶ月前ぐらいから募集が始まります。

 

この期間中、資金を使って他の金融商品の購入や運用を行う事が出来ません。

 

比較的、利益を出しやすいIPO(新規公開株)ですが場合に寄っては他の金融商品を購入して運用した方が利益率は高い時が有ります。

 

また、証券会社に依って異なりますが抽選方法には資金が豊富な方が優先になる場合が存在しております。

 

ネット証券会社では完全抽選方法を採用している場合は一般投資家もIPO(新規公開株)を購入する事が可能です。

 

もちろん抽選に当選してからの購入になります。

 

比較的、簡単に抽選に当選出来る銘柄はリスクが存在しております。

 

通常、IPO(新規公開株)は中々抽選枠が少なく当選する確率も低いです。

 

この様な銘柄は人気があり誰でも欲しい銘柄で株式市場に上場した際は高値が付きやすくなります。

 

簡単に当選する銘柄は申込みする方が少なく、公募価格割れが起きやすい状態です。

 

株式市場に上場した際は株価がどのようになるか分からないリスクも存在しています。

 

新たに株式市場に上場して公募価格が下回る場合は買った時よりも価格が低い為、損を出します。

 

IPO(新規公開株)で一番重要な日時は当日の前場のみです。

 

前場から後場に掛けて値動きが荒くなるのが一般的です。

 

株式市場の歴史ではIPO(新規公開株)の利益が出やすい期間は特に短いです。

 


ホーム サイトマップ