IPO(新規公開株)のリスク

IPO(新規公開株)のリスク

比較的リスクが低い

IPO(新規公開株)のリスクは株式市場に存在する株取引よりは比較的リスクが低いです。

 

通常の株取引は様々な資料やデータから株価の予想や売買を行います。

 

IPO(新規公開株)も様々な資料やデータを集め新規上場した時の株価を想定します。

 

一般的にIPO(新規公開株)の価格は高くなる確率が高いのでローリスクハイリターンな商品になります。

 

当然、IPO(新規公開株)は人気が高いのでお申し込みを行い抽選に当選すれば誰でも利益を出す事が可能です。

 

企業の公募価格で購入を行い、株式市場で初値が付いた時に保有しているIPO(新規公開株)を売りに入ります。

 

比較的、高い確率で価格が上昇する為に公募価格の何倍にもなる場合が有ります。

 

ローリスクでハイリターンが期待できる株売買取引になります。

 

企業が新たなビジネスモデルを展開し注目を集め投資家たちが殺到して売買を行います。

 

人気が少ない企業やビジネスモデルは投資家たちも集まらず公募割れ現象が起こる事も有ります。

 

毎年、数十社のIPO(新規公開株)が存在しておりますが、その中の数件は企業が望む公募価格に達せず価格割れが起こります。

 

この公募価格割れ現象が一番リスクと言えます。

 

またIPO(新規公開株)が株式市場に上場してからは初値以上に値動きが荒くなりハイリスクハイリターンな取引が続きます。

 

この時のIPO(新規公開株)は日々価格が異なりますので保有している方は注意が必要になります。

 

IPO(新規公開株)は購入する時は売買手数料が掛からなく、売り出す時に通常の株売買手数料が発生します。

 

これらのIPO(新規公開株)の購入方法や売出し方法、株式市場の流れ等を把握して置けば比較的リスクが少なく済みます。

 

IPO(新規公開株)のリスクは公募価格割れが主な原因です。

 


ホーム サイトマップ