マネックス証券

マネックス証券

マネックスグループ株式会社の完全子会社

マネックス証券はマネックスグループ株式会社の完全子会社です。

 

このマネックスグループ株式会社はネット専業証券会社のマネックス証券株式会社と日興ビーンズ証券株式会社で持株会社を設立致しました。

 

マネックス証券はゴールドマン・サックスのゼネラルパートナーの松本大とソニーが設立致しました。

 

マネックス証券はオリックス証券やソニーバンク証券等を合併しております。

 

今まで務めた主な上場主幹事はドリームバイザー・ドット・コムやエスプール、比較.com、マルマエなどになります。

 

上場市場はマザーズやヘラクレス等になります。

 

マネックス証券の企業理念は徹底したコスト管理や新しい金融インフラの構築、顧客を主役としたビジネスモデルの構築等になります。

 

マネックス証券総合取引口座に入っている資金の出し入れは証券カードを利用してATMで行う事が可能です。

 

この証券カードはクレジット機能が付いたマネックスセゾンカードになります。

 

取扱ATMはセブン銀行やゆうちょ銀行、クレディセゾン等になります。

 

これらのATMの中のセブン銀行経由は利用手数料が発生いたしません。

 

このカードのクレジット機能を利用した支払いは総合取引口座から自動引き落としになります。

 

また、カードを作る前に各口座を開設すると新規申込みする事が出来なくなります。

 

マネックス証券は新規上場前に1株1円で3回増資を行っております。

 

これにより128万株を発行して67,5億円市場より資金を調達しました。

 

マネックス証券は上場前に分割を行い、個人投資家が購入可能な環境を作りました。

 

この取り組みから東証は取引単位を引き下げ、各上場企業に要請を出しました。

 

マネックス証券のおかげで個人投資家たちは狭き門の扉が広がり市場参入が出来るようになりました。

 

 


ホーム サイトマップ