公募・売出株式

公募・売出株式

既存の上場企業が新しく株式を発行

公募・売出株式とは既存の上場企業が新しく株式を発行や既株を投資家に取得させる目的を指します。

 

この公募や売出とは株式市場に既に上場している企業等が追加資金の調達や保有株の売却を目的とした行為になります。

 

これらの株式を投資家に買って頂いて企業等は新たにお金を調達する事が可能になります。

 

この公募と言う言葉は不特定の投資家に新たに有価証券の取得を目的に勧誘する行為になります。

 

売出とは既存の有価証券を50人以上の投資家に対して売付けの申し込みを勧誘する行為になります。

 

IPO(新規公開株)と異なる所は既存の企業がこれらの行為を行う事に有ります。

 

IPO(新規公開株)は未上場企業が株式市場を通じて資金を調達する事を目的としております。

 

この公募や売出株式の購入方法はIPO(新規公開株)と同じ流れになります。

 

最初に企業の目論見書を読み、ブックビルディング期間に申し込みを行います。

 

その後、抽選が行われ当選すると公募や売出株の購入を行う事が可能になります。

 

ここまでの流れは通常のIPO(新規公開株)と同じになります。

 

相違点は幾つか存在します。

 

ブックビルディング期間中には各投資家が公募や売出株の割引率を提示します。

 

この提示した割引率を元に実際の公募や売出株の割引率が発表になります。

 

この割引率の発表の時に各投資家が提示した割引率の方が小さければ先に進む事が可能になります。

 

逆に各投資家が提示した割引率の方が大きければ先に進む事は出来ず公募や売出株式の購入をする事が出来ません。

 

また、証券会社ではブックビルディング期間中に割引率の提示を求めております。

 

参加者はこの割引率を選び入力する必要が有ります。

 

その他に公募や売出株式のスケジュールが変更になる場合が存在しています。

 

このブックビルディング期間中に価格が決定してしまうと繰り上げスケジュールになります。


ホーム サイトマップ