IPO取扱証券会社

IPO取扱証券会社集めました【当選率を上げる方法公開中】

取扱証券会社はすべて解説すること

IPOは運です。

 

IPO株は抽選によって購入できるかどうかが決定します。その後、上場を待って初値での差額を得るわけです。

 

抽選に当選するのにテクニックなどはありません。
申し込んだ単元数が多ければ有利といったこともありません。

 

IPO株は振り分けられる

 

上場が決まると、発行される株は証券会社に振り分けられていきます。

 

例えば、A社の上場が決定し、10万株を発行するとします。

 

その後

  • マネックス証券 3万株
  • 楽天証券 3万株
  • SBI証券 2万株
  • むさし証券 2万株

といった具合に、各証券会社に振り分けられるのです。

 

数で攻める!

 

購入したいIPO株が複数の証券会社から申し込める場合は、
取扱証券会社にすべて申し込めば、それだけで当選確率は大幅にアップします。

 

また、銘柄によっては振り分けられない証券会社もあり、申し込むチャンス自体が少なくなってしまうのです。

 

IPO取扱の証券会社はすべて開設する

 

取扱証券会社のほとんどは講座開設・維持費用は無料です。
開設する分には何の問題もありません。

 

ですので、口座は多く持ったもの勝ちです!

証券会社 IPO 開設
(バナー) マネックス証券 取扱 口座開設はこちら(無料)
(バナー) SBI証券 取扱 口座開設はこちら(無料)
(バナー) 楽天証券 取扱 口座開設はこちら(無料)
(バナー) カブドットコム証券 取扱 口座開設はこちら(無料)

 

オススメはマネックス証券
マネックス証券
手数料が安い

株式手数料は105円から。パソコン・携帯電話関係なし。

 

お得なマネックスポイント

取引によって貯まるマネックスポイント。取引手数料やマイルなどと引き換え可能。

 

投資情報が充実

アナリストの見解や最新の業績予想、関連ニュースなど濃い情報をゲット。

 

IPO株の購入の流れ

上場の決定 ⇒上場する会社が公表されます。
仮条件の決定 ⇒株価の仮条件が提示されます。
ブックビルディング ⇒申込期間です。仮条件を確認して申し込みしましょう。
公募価格の決定 ⇒実際の購入金額です。
抽選 ⇒抽選で購入者を決定します。
当選 ⇒当選すると購入することができます。

ホーム サイトマップ