IPO(新規公開株)の補欠当選

IPO(新規公開株)の補欠当選

抽選方法には裁量配分方法と完全抽選方法がある

IPO(新規公開株)の補欠当選とは大手証券会社や大手ネット証券会社が行う抽選で補欠や辞退された方の枠を利用して当選する事を言います。

 

証券会社で行う抽選方法には裁量配分方法と完全抽選方法が存在しております。

 

前方の抽選方法は一般投資家では中々当選することはありません。

 

また補欠当選も期待する事は出来ません。

 

この抽選方法を優先的に行っているのが大手証券会社です。

 

一般投資家は完全抽選方法を採用している大手ネット証券会社のみ補欠や辞退枠を利用して当選する事が可能です。

 

この補欠当選はIPO(新規公開株)のブックビルディング期間中に購入のお申し込みがある方のみに割り当てられます。

 

最終抽選日に当選者と補欠当選者が決定します。

 

ご自身の証券口座管理画面やメールで確認する事が可能です。

 

証券会社に寄っては最終抽選日の指定時間帯が存在する場合がありますので、その時間帯に補欠当選したか知ることが可能です。

 

IPO(新規公開株)の補欠当選の確認が完了したら購入申し込みをする必要が有ります。

 

この時にIPO(新規公開株)の購入申し込みを行わないと購入する事は出来ません。

 

IPO(新規公開株)の購入をする事によって始めて株式の購入の約定をご確認する事が出来ます。

 

この工程の流れがIPO(新規公開株)の当選や補欠当選になります。

 

IPO(新規公開株)の購入の流れはブックビルディング期間と抽選日、購入申込み期間の3パターンの工程期間が設定されております。

 

この期間中に抽選お申し込みを行い当選または補欠当選されないとIPO(新規公開株)を購入する事は出来ません。

 

購入申し込みを行った時は抽選日に当選か繰り上げ当選かご確認する必要があります。

 

携帯端末やタブレット、パソコン等を活用して気軽に知ることが可能です。

 


ホーム サイトマップ