ブックビルディング方式

ブックビルディング方式

期間中に公開価格の決定を行う事

ブックビルディング方式とは期間中に公開価格の決定を行う事を指します。

 

このブックビルディング方式は各投資家が参加申込みを行い新たに上場する企業の株式を取得する為の準備期間になります。

 

この期間中に上場予定企業の目論見書を読み株式の取得の有無を決定していきます。

 

このブックビルディング期間中には需要の積み上げが行われます。

 

また、ブックビルディング方式には次のプロセスが必要になります。

 

IPO(新規公開株)の株価算定能力が高い機関や投資家の意見を元に仮条件を決めていきます。

 

この仮条件を元に投資家に提案を行い需要やマーケット状況を把握しながら公開価格を決定していきます。

 

また、未上場企業はブックビルディング方式と入札方式が選択する事が出来ます。

 

この入札方式は公開価格が高く設定されやすく、株式市場の円滑な取引に支障が出る場合が有ります。

 

その為に新規上場申請会社はこのいずれかの方式を選択する事が可能になりました。

 

ブックビルディング期間中、各投資家は購入お申し込みを行います。

 

この期間中の各投資家の資金は拘束され動かす事が出来ません。

 

期間中に参加またはお申し込みを行う際は証券口座に現金化された資金が無いと行う事が出来ません。

 

ブックビルディング期間が完了すると抽選の工程に入ります。

 

この抽選に当選しなければIPO(新規公開株)は購入する事は出来ません。

 

また、欠員やキャンセルが出た際は補欠当選としてIPO(新規公開株)の購入をする事が可能です。

 

ブックビルディング方式とはこれらのIPO(新規公開株)の購入を行う際の一番、最初に行う作業工程になります。

 

このブックビルディング期間中に参加もしくはお申し込みの意思が無いとIPO(新規公開株)の購入を行う事は出来ません。

 

 


ホーム サイトマップ