IPO(新規公開株)とは

IPO(新規公開株)とは

株式公開を新規に行う

IPOとは株式公開を新規に行う事を指します。未上場会社の株券を一般株式市場に上場させ売買取引可能にする事になります。

 

IPOとは英語表記ではInitial Public Offeringと呼び未上場会社の株式を新規に公募や売り出しする事になります。日本市場では証券取引所に新たに上場する方法のみ新規公開株式として株式を売買取引する事が可能です。

 

以前は日本証券協会の元、店頭登録の方法が存在しておりましたが廃止に成りました。このIPO(新規公開株)は通常の方法で購入する事が出来ません。お取り扱いの証券会社もしくはネット証券会社でのみ購入する事が可能です。

 

各証券会社でIPO(新規公開株)を購入する際は抽選方式が有ります。この抽選方式はお申し込みを行い抽選で選ばれた投資家のみ株券を購入する事が可能です。

 

また、IPO(新規公開株)の株券を購入する際はお申し込み出来るステータスが必要になります。お申し込み資格が無いとエントリーする事は出来ません。

 

このIPO(新規公開株)は様々なメリットが存在しております。上場を目的とした企業や会社は証券市場を通じ事業資金等の調達をする事が可能になります。既存の株主は保有する株式の売却が可能になり資本の回収が行いやすくなります。証券市場の上場により企業や会社の知名度、信用度を向上する事が出来ます。これにより企業は新規事業や事業の円滑な展開を行う事が可能になります。

 

また、優秀な人材の確保、投資家への説明責任、事業改善、競争率の強化、環境配慮、社会的責任等が課せられます。企業や会社が新たに証券市場に上場する際は同業社と比較され株価が低下する場合が良く有ります。この様なIPOディスカウントにより不透明なリスクを回避してマーケット市場の流れと合わせて行きます。


ホーム サイトマップ