2013年のIPO銘柄

2013年のIPO銘柄

IPO銘柄は全53件

2013年のIPO銘柄は全53銘柄存在しております。

 

この53銘柄中の51銘柄は株式市場上場後の初値が上昇した銘柄になります。

 

この年は比較的多くのIPO(新規公開株)の銘柄の価格が高騰しました。

 

これらのIPO(新規公開株)が上場している株式市場はマザーズやジャスダック、東証2部、東証1部、福証になります。

 

IPO(新規公開株)の主な主幹事はいちよし証券、みずほ証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、SMBC日興証券、野村証券、SBI証券、大和証券等が努めます。

 

これらのIPO(新規公開株)を購入する際はブックビルディング期間にお申し込みを行います。

 

お申込み株式数は100株単元になります。

 

新たに株式市場に上場される期間は2月から12月の間になります。

 

主なIPO(新規公開株)銘柄は次の通りです。

 

メドレックスや買取王国、ビューティガレージ、協立情報通信、ソフトマックス、オイシックス、オルトプラス、鴻池運輸、ウォーターダイレクト、ファルテック、アサンテ、ブロードリーフ、タマホーム、サンヨーホームズ、オークファン、ペプチドリーム、横田製作所、リプロセル、ジェイエスエス、ICDAホールディングス、サントリー食品インターナショナル、フォトクリエイト、夢展望、ネクステージ、アメイズ、N・フィールド、サンワカンパニー、オープンハウス、エンビプロ・ホールディングス、バリューHR、エナリス、システム情報、ANAP、メディアドゥ、M&Aキャピタルパートナーズ、じげん、アライドアーキテクツ、ライドオン・エクスプレス、オンコリスバイオファーマ、ホットリンク、ブイキューブ、エンカレッジ・テクノロジ、オウチーノ、日本アクア、アズマハウス、アビスト、イーグランド、シグマクシス、アーキテクツ・スタジオ・ジャパン、足利ホールディングス、ウィルグループ、ダイキアクシス、シンプロメンテ、ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ等の企業になります。

 

 


ホーム サイトマップ