2012年のIPO銘柄

2012年のIPO銘柄

銘柄は全46件

2012年のIPO銘柄は全46銘柄存在しております。

 

これらの新規上場企業は2月から12月の期間に株式市場に上場しております。

 

主な主幹事は野村証券やエイチ・エス証券、SMBC日興証券、大和証券、SMBCフレンド、SBI証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、みずほインベスターズ、日本アジア証券、大和証券キャピタル・マーケッツ等が努めております。

 

これらの各IPO(新規公開株)の銘柄の中で37銘柄が株式市場に上場して初値が高く付きました。

 

上場する株式市場はマザーズやジャスダック、東証1部、東証2部、アンビシャス、福証Q-Boardになります。

 

これらのIPO(新規公開株)を購入する際は100株単元でお申し込みする事になります。

 

この単元の株式口数は最低申込みの株式数になります。

 

2012年の主な上場銘柄は次の通りです。

 

マックスバリュ九州やティーライフ、アイスタイル、大阪工機、エムアップ、ライフネット生命保険、ベクトル、エイチーム、ウチヤマホールディングス、こころネット、ユニバーサル園芸社、チャーム・ケア・コーポレーション、北の達人コーポレーション、日本エマージェンシーアシスタンス、ハピネス・アンド・ディ、大泉製作所、モブキャスト、アクトコール、ワイヤレスゲート、エニグモ、サクセスホールディングス、日本航空、エー・ピーカンパニー、メディアフラッグ、日本コンセプト、トレンダーズ、阿波製紙、三洋貿易、ありがとうサービス、キャリアリンク、エストラスト、ジーンテクノサイエンス、IBJ、テクノスジャパン、UMNファーマ、enish、アジュバンコスメジャパン、コロプラ、チムニー、全国保証、モバイルクリエイト、パンチ工業、ユーグレナ、シュッピン、グランディーズ、地盤ネットなどの企業になります。

 

 


ホーム サイトマップ