2011年のIPO銘柄

2011年のIPO銘柄

銘柄は全41件

2011年のIPOの銘柄は全41件存在しております。

 

その内の3件は上場中止になっております。

 

IPO(新規公開株)は様々な理由で上場中止になることが有ります。

 

2011年に企業が上場する際の主な主幹事はみずほインベスターズや大和証券キャピタル・マーケット、SMBC日興証券、野村証券、SMBCフレンド、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、みずほ証券等が努めております。

 

この年のIPO(新規公開株)銘柄の中の約20銘柄が初値で上昇しております。

 

初値の上昇率は銘柄により様々です。

 

企業は株式市場の中のマザーズ市場やジャスダック市場、東証市場、東証2部市場に上場しております。

 

これらのIPO(新規公開株)の企業は100株単元の数量からお申し込みを行い公募株を取得する事が可能です。

 

この年のIPO(新規公開株)の公募株数は最低が3,500から存在しております。

 

また、上場日は3月から12月に掛けて各銘柄が株式市場に上場しております。

 

IPO(新規公開株)が株式市場に上場する際はブックビルディング期間が設定されます。

 

この期間中に上場企業の仮条件が作られ公募株の最低価格から最高価格が決められます。

 

このレンジの幅から実際の公募価格が決められます。

 

また、初値予想も行われている為に購入申込み期間に購入された方は実際に株式市場に上場した時の初値がある程度把握出来る様になっております。

 

2011年に株式市場に上場した企業は次の通りです。

 

駅探やAGS、カルビー島根銀行、アイディホーム、アイ・アールジャパン、ピーエスシー、ラクオリア創薬、AvanStrate、SEMITEC、クロタニコーポレーション、ディジタルメディアプロフェッショナル、ハウスコム、イートアンド、SEMITEC、日本ドライケミカル、ラクオリア創薬、モルフォ、ヒト・コミュニケーションズ、イーピーミント、ブレインバット、KLab、シンバイオ製薬、日本管理センター、スリーディーマトリックス、ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス、イーブックイニシアティブジャパン、菊池製作所、ベルーグアース、リブセンス、サンセイランディック、ネクソン、日興アセットマネジメント、ダブル・スコープ、キューアンドエー、ジャパンマテリアル、新田ゼラチン、カイオム・バイオサイエンス、スターフライヤー、アイセイ薬局、ミサワの各企業になります。

 


ホーム サイトマップ